スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白魔・弓娘のような会話ウィンドウを使った動画の作り方

こんばんは、椎名です。
いつもメール、ブログへのコメントありがとうございます!

いただいたメール、コメントは全部楽しく見させてもらってます(・ω・)
さて、今回は久しぶりの動画関連の記事です。
あるお方から質問を受けたので書いてみた。


「白魔・弓娘のような会話ウィンドウを使った動画の作り方」

n0.gif
これの作り方についての質問をもらったので
私なりのやり方を書いてみたいと思います。

まず最初に「録画した動画がカクカクする」といった内容があったのですが
まずはこちらから改善していきたいと思います。

動画を撮影する方法は大きく分けて二つあります。

1.パソコンをテレビ代わりにしてそれを録画する。(キャプチャー方式)
2.プレイ画面をDVDなどに録画してそれをパソコンに取り込む。(椎名方式)

1のキャプチャー方式は最もメジャーな方法。現在の主流です。
ですがパソコンのスペックがそれなりに要求されるのでスペックが足りないと
カクカクになりがちです。もし1番の方法で録画しているのなら
PCのスペックが足りずにカクついているということになります。

2番の椎名方式は実際に私がやっている録画方法です。
1と比べて手間隙がかかりますが、PCのスペックに関係なくカクつかない
録画ができるのでオススメです。

椎名方式の録画方法についてはこのブログのカテゴリー「ニコニコ動画講座」の
Socusoft DVD Converter Professionalの使い方のところにやり方が書いてあるので
そちらを参考にしてください。


「まずは動画形式をWMV形式に変換しよう」


まずは動画の形式をWMV形式というものに変換しておきます。
2番の椎名方式を使う場合は最初からWMV形式になるので大丈夫。
ここでは1番のキャプチャー方式を使った場合のやり方を書いておきます。


n07.jpg

形式というのはこれです。動画ファイル名の後にWMV。
そしてファイルの種類がWMVとなっているのがWMV形式、つまりはそのファイルの形式です。
キャプチャー方式で録画した場合はこの形式が「AVI」になっていると思います。
これをWMVに変換していきます。

ファイル形式を変換するには、「super」というソフトを使用します。
http://www.erightsoft.com/SUPER.html
で、ダウンロードサイトへ行ってください。


n01.gif
サイトへ行きましたら、画像の部分を探してください。
ページの一番下のほうにあります。見つけましたら、
赤線の部分を「別窓で開くように」クリックしてください。
別窓で開くには、リンクを右クリックして新しいタブで開く、
などを選択すればOKです。

02.jpg

このソフトをダウンロードするための手順が書かれたページに飛びます。
一番最初に開いたページをA、手順が書かれたページをBとし、
AとBが別窓で開かれている状態になってればOK。
Bを見ながらAのページを操作してダウンロードを進めていきます。
Bのページの「Click here」という部分をAのページから探し出し、
その通りに進めてください

n03.jpg

起動しましたら、まずは赤い囲みのラジオボタンをクリックします。

n04.jpg

こんな画面が出ると思います。
出ましたら、先ほどクリックしたラジオボタンの少し右側に
下三角のボタンがあるのでそれをクリック。赤い囲みの部分です。

n0555.gif

どの形式に変換するか?と聞かれます。WMVに変換するのでWMVを選択します。
また、画像右側のように動画のサイズを指定する項目がありますが
かならず「no change」を選択してください。画質にかかわってきます。

n06.jpg
赤い囲みの部分に、キャプチャーで録画したファイルをドラッグ&ドロップし
その下のエンコードボタンを押します。ファイルがWMVファイルに変換されます。

n08.jpg
変換後のファイルは、図のようにマイコンピュータの
ローカルディスクCに保存されます。
ですが、人によって若干違うようで、変換元となった
ファイルが保存されている場所に出力される場合や
全然見当違いな場所に出力されることもあるようです。

n09.jpg
ローカルディスクCにも、変換元のファイルがある場所にもない場合
検索機能を使って探し出してください。もちろん次回以降の作業を
効率化するためにも出力先の場所は覚えておきましょう。

これでファイルをWMV形式に変換できたと思います。


「白魔・弓娘のような動画を作るにはNiveというソフトを使う」

実際に白魔の人も使ってる動画編集ソフト。もちろん私も使ってます。
というか、最近のFFT動画投稿者はみんなこれを使ってるっぽいです。

http://nicoae.if.land.to/index.php?NiVE%20Wiki
こちらでダウンロードできるのでどうぞ。

また、私の場合動画編集はWMV形式を扱っていきますが
NiveはWMV形式に対応していません。ですので
http://u11.getuploader.com/NiVE/download/7/DirectShow%E5%85%A5%E5%8A%9B%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3+1.3.zip

こちらのものをダウンロードしておいてください。
NiveでWMV形式の動画が扱えるようになる拡張プラグインです。
Niveへの適用の仕方ですが、この中に説明書が入ってますので
それを参考にすれば大丈夫です。


n1.gif


まずは左側の項目二番目、「Niveについて」をクリックします。

n2.gif
「ダウンロード」という項目があるのでそれをクリック。
これでNiveが使えるようになりました。


「Niveで作業しやすくするためにやっておくこと」

n3.gif

このままいきなりファイルをNiveに読み込んで編集しようとすると
なかなか厳しい戦いとなります。まずは作業しやすいように環境を整えていきます。
まず、ニコニコ動画で再生される動画のサイズは横が512、縦が384というサイズです。
そしてNiveで扱う動画のサイズもこの512:384が最も扱いやすいサイズとなっています。
ですが録画したファイルのサイズは640:480とか、320:240とか、違うサイズの場合が多い。
ですので、まずは録画したファイルのサイズを512:384に統一する作業をします。

サイズ変更にはウィンドウズに標準で
装備されている動画編集ソフト「ムービーメーカー」を使います。
ですがデフォルトの状態ではサイズを変更することができないので

http://www.mediafire.com/?zjmyocm3o00

こちらのアドレスから上の画像のページに行って、赤線で囲んだ物をダウンロードしてください。

これをダウンロードすると、録画した動画ファイルを
512:384サイズに直すことができるようになります。
また、ニコニコに動画をアップするときに通常より遥かに高画質でアップできるようにもなります。

n4.gif
ダウンロードした物の中を見ると、この二つが入っていると思います。
このファイルをムービーメーカーに適用することで
高画質な512:384サイズの動画を出力できるようになります。では実際にやってみましょう。

n5.gif
まずは「スタート」から「マイコンピュータ」を選択します。

n6.gif
続いて「ローカルディスクC」を。

n7.gif
その中に「プログラムファイル」という項目がありますので

n8.gif
その中へ。すると「ムービーメーカー」という項目があります。

n9.gif
その項目内の「Shared」というファイルを開きます。

n10.gif
すると「プロファイル」という項目があります。ここに先ほどダウンロードした物を
入れてください。プロファイルの項目がない場合は、自分でフォルダを作り、そこに入れてください。
これで動画を高画質・512:384サイズで出力できるようになりました。

n11.gif
こんな感じで、プロファイルというフォルダに
ダウンロードした物二つが入っていればOKです。

n12.gif
ちなみにこれを使って出力した動画がこれです。横512:縦384サイズですね。


「実際にサイズを変更してみよう」

n13.gif

ではムービーメーカーを起動して、
録画した動画ファイルを512:384サイズに変更していきます。
ムービーメーカーは「スタート」→「すべてのプログラム」から開くことができます。
なお、このソフトは非常にデリケートで、頻繁に動作が重くなりますが
絶対に乱暴にしないでください。閉じるをクリックしたり、いろんなところをカチカチクリックしたりすると
余計動作が重くなり最悪フリーズします。しばらく待てば動きますので
止まったときはしばらく待つようにしましょう。

n14.gif
サイズを変更したい動画を、画像のようにドラッグ&ドロップして下さい。
赤線で囲んだ部分に動画が読み込まれたと思います。

n15.gif
読み込んだ動画を今度は画像の位置にドラッグ&ドロップ。
動画の映像・音声が読み込まれたと思います。この画面がでない場合は
青線で囲んだ部分をクリックすることでこの画面が出てくると思います。

n16.gif
では動画を512:384サイズにリサイズします。
画像の赤線部分、「コンピューターに保存」をクリックしてください。

n17.gif
こんな画面が出ます。まずは「その他の設定」にチェックをいれ、
赤囲み部分をクリック。すると「ニコニコ用高画質設定」というものが出てくるので
それを選択してください。無圧縮版とそうでない版の二つがありますが
そうでない版を選んで下さい。無圧縮版だといろいろと面倒なことが起こります。

動画のリサイズが始まり、しばらくすると512:384サイズの動画ができあがります。
ではこの動画に会話などをつけていきましょう。


「Niveで作業しやすくするためにやっておくこと その2」

あとは今出力した動画をNiveに読み込んで
編集していくだけですが、ここで大きな問題が発生します。

大抵の場合、Niveに動画を読み込みそれを再生すると
非常にゆっくりなペースで再生されてしまいます。
PCのスペックにもよりますが、私の場合は実際の1/3程度の速度で再生されてしまいます。

動画に会話をつけていく場合、再生された動画を眺めながら、
「おっ、このシーンでこんな会話いれるか!」というような流れで作業していきますが
1/3のスピードでは会話を入れるタイミングが非常に分かりづらいです。

これを補うために、「どのシーンでどんな会話を入れるか」というのが
一発で分かるように目印をつけていきます。

n18.gif
では目印をつけていきましょう。引き続きムービーメーカーで作業をします。
まずは先ほど出力した512:384サイズの動画を、前と同じ手順で読み込ませて下さい。
そして画像赤丸の位置にあるボタンを押すとムービーが再生されます。

n19.gif
会話をつけたいシーンが来たら、赤部分のボタンを押して一時停止して下さい。
そして青い部分のボタンを押してみてください。

n20.gif
ムービーが二つに分割されチャプターができました。
この分割地点に目印を付けていきます。ではやってみましょう。

n21.gif
まずは分割したムービーの右側(赤い波線)部分をクリック。
すると境界線に青い縦線が入ると思います。
このクリックは「この境界線に目印をつけるよ」とムービーメーカーに
認識させるための作業です。

ムービーメーカーには、簡単な字幕をつける機能があります。
この字幕機能を使い目印を付けていきます。
具体的には会話を入れたいタイミングを先ほどの作業(再生→一時停止→分割)で設定し
その地点に実際に喋らせたいセリフを字幕として打ち込んでいきます。

このセリフ字幕がNiveで作業するうえでの目印となります。

ここまで終わったら画面左の赤線部分「タイトルまたはクレジットの作成」をクリック。

n22.gif
この画面がでます。赤部分を選択。

n23.gif
それができたら、この画像の項目を探してください。下の方にあるかと思います。
この項目がある場所は以降の説明で頻繁に出てくる部分なので
どこにあるか場所を忘れないように(・ω・)!

ではタイトルアニメーションを変更する、をクリックしてください。

n24.gif
「サブタイトル」を選択します。

n25.gif
同じ要領で今度は「フォントと色を変更する」を選択して下さい。
赤い部分のボタンをもう押せなくなるくらいまで押して下さい。

n26.gif
すると「タイトルテキストを編集する」という項目が出てきてると思います。
そこをクリックしてください。

n27.gif
ではセリフを挿入していきます。ここで入力するセリフは
実際にキャラが喋るセリフで構いません。

n28.gif
完了すると、タイムラインに字幕のアイコンが表示されます。
この要領で動画に目印を付けていってください。

n29.gif
字幕アイコンの右端をクリックしたまま、左右に動かすことで
字幕が表示される時間を調整することができます。
セリフ時間が長すぎる、短すぎるといった場合はここで調整します。

ここで調整された表示時間が動画でキャラ達が会話した時の表示時間になります。
なお、ここで表示される時間は5秒とか6秒とかキリのいい数字にしてください。
6.5秒とか7.28秒とかにすると後々編集が面倒なことになります。
字幕の表示時間を確認するには、字幕アイコンにマウスカーソルを乗っけることで確認できます。

n30.gif
すべてのセリフを入力し終えたら、白魔縛りのような会話ウィンドウを作っていきます。
画像ではか、ち、く、お、うという5つの字幕アイコンがありますね。
このアイコンをダブルクリックすることで、それぞれ入力したセリフが確認できます。
そのセリフを見ながら会話ウィンドウ素材をつくります。

n31.gif
ウィンドウ素材は「画像編集ソフト」で作ります。
残念ながら私はシェアソフトを使っているので、フリーの編集ソフトは分かりません。
検索したらたくさん見つかると思うので、自分にあった使いやすいソフトを探してみて下さい。

こんな感じでFFT風の素材にキャラの顔を合成して、目印どおりのセリフを載せていきます。

n32.gif
ここで注意して欲しいのが「ウィンドウ素材のサイズ」です。
先ほど言ったように、ニコニコ動画の画面サイズは横512:縦384なので
ウィンドウ素材のサイズもそれ以内におさめなければなりません。
この青いのが実際の512:384サイズです。

n33.gif
ウィンドウ素材はこのくらいの大きさがベストでしょう。
素材を作るときは常に512:384以内!

n34.gif
素材を全て作り終えたら、目印をつけた動画を出力します。
この動画をNiveに読み込ませ、目印を頼りに先ほどつくった会話素材を挿入していきます。

ですが、どの位置に目印をつけたのか分からなくなったのでは意味がないので
目印の位置を紙などにメモしておきます。

実際の作業では、メモをみながら、「何分何秒地点に目印アリ」と確認しながらやっていきます。
では画像にご注目。目印をつけていくと、「目印のグループ」ができていると思います。
1が目印グループ1、2が目印グループ2です。

各グループの一番最初の目印が表示される時間、をメモしてください。
この場合はグループ1・「か」の表示される時間、グループ2・「お」の時間をメモ。
例:グループ1の最初の目印は9分54秒後に表示される。 といった具合に。
また同様に、動画の長さもメモしておいてください。

そしてメモした時間を全て「秒」に直してください。

例:グループ1の最初の目印は9分54秒→594秒後に表示される。
例:この動画の長さは20分→1200秒だ。

1:512:384サイズにリサイズした動画(以降目印の無い動画と呼称)
2:1番の動画に目印を付けて出力した動画
3:会話ウィンドウ素材
4:目印の場所を記録したメモ

以上4点があればOKです。


「Niveを使おう」


n36.gif

ではいよいよNiveを使います。
画像のアイコンをクリックするとNiveが起動します。

n37.gif
まずは「ファイル」→「新規プロジェクト」を選択してください。

n38.gif
この画面がでます。ディレクトリはどこに保存するかの設定。デスクトップなど分かりやすいところで。
プロジェクト名は編集ファイルの名前をつけることができます。
分かりやすい名前をつけておけばいいでしょう。

n39.gif
次にこの画面。まずは二つの事を確認。

1:画面サイズは512×384になっているか。
2:「フレーム」にチェックがついているか。

これを確認したら「長さ」に注目。1800となっています。
この「長さ」というのは「動画の長さ」のことです。
ここに動画の時間を入力します。ですがNiveでは「フレーム」という単位を使います。
1秒=30フレームです。

メモを見ると動画の長さが秒で記録されていますね。これに30を掛け算してください。
それが「長さ」に入力する値です。
先ほど動画の長さを秒に直したのはそういうわけです。

「長さ」を入力したらOKをクリックしてください。
なお、ぴったりの長さを入力する必要はありません。
むしろ少し余裕をもって入力してみてください。
例:計算結果が1200フレームだった→1300くらいを入力

n40.gif
では、動画ファイルを読み込みましょう。
アイテム、といったウィンドウが表示されると思います。
「Folder」と書かれたところに三角があります。
これをクリックし、でてきた物の上で右クリックしてみてください。

n41.gif
新しいウィンドウが開いたと思います。
画像と同じように「読み込み」→「DS Video Input」とやってください。
ここで読み込むのは「目印をつけた動画」と「目印のない動画」です。
この二つを読み込んで下さい。

n42.gif
読み込んだ動画の名前の上で右クリックすると、ウィンドウが開きます。
画像のように「タイムラインに追加」を選択し、二つともラインに乗せてください。

n43.gif
このようになればOKです。
画像のとおりに、目印がある動画を上、ない動画を下になるようにして下さい。

n44.gif
ここで一つ注意。画像をみてください。
Niveで指定した動画の長さは1800フレームです。
ですが画像では1800フレームをこえて青いライン(動画の長さ)が伸びています。
これは動画の長さが1800フレームを突破しているという意味です。

このまま動画として作ってしまうと、1800フレームまではちゃんと見れますが
それ以降はカットされてしまうので長さを再設定してやる必要があります。

n45.gif
画像のように作業すると、「長さ」を設定した先ほどの画面がでてきますので
動画の長さがオーバーしていた場合はこの方法で調整してください。

n46.gif
このように動画の青いラインの最後に「e」と表示されていればOKです。

n47.gif
では先ほど作成した会話ウィンドウを、目印とメモを頼りに挿入していきましょう。
ここでは300フレーム目あたりに目印があると想定して話を進めていきます。

まずメモを見ましょう。何秒後に目印があるか書いてあると思います。
その「秒」の単位を「フレーム」に変換します。メモの数字に30を掛け算してください。

例:メモの数字が「目印が10秒後にある」10×30=300→300フレーム目に目印がある。

目印が何フレームにあるか分かったら、そのフレームをクリックしてください。
青いラインの上に書かれている数字がフレームです。
左右に伸びた赤い矢印のバーをスライドさせることでフレームを移動することができます。

この場合は300フレームに目印があるので、バーをスライドさせ、300という数字を見つけます。
見つけたら300の数字部分をクリックします。するとプレビューに
300フレーム地点の映像が表示されます。

n48.gif
赤い囲みについて。真ん中が再生ボタン。右が1フレームごとにコマ送りができます。
左は1コマごとに逆再生。1コマ単位で目印を見つけたいときなどに重宝します。

これら三つのボタンを使って目印を探してください。
計算では300フレームですが、見つからない場合はすこし先にありますので
再生ボタンを押してみましょう。画像では310フレーム地点で目印を発見。

では目印に対応したウィンドウ素材を挿入します。

n49.gif
n50.gif
先ほどと同じ要領でファイルを読み込みます。
「画像」を読み込む場合は「DS Video Input」ではなく「Image Input」を選択する点に注意。

n51.gif
こんな感じになるはず。セリフが一番下にきていますね。このままではまずいので
セリフを一番上になるようにします。
やり方としては、まず「せりふ1」をクリック。すると画像のようにグレーで反転表示になる。
グレーの部分をクリックしたまま、上にスライド。「ミュロンド戦文字あり」の部分で離す。
すると並びが変わります。

n52.gif
こうなってればOK!

n53.gif
なぜこの順番でなければいけないかというと、ホットケーキみたいなモンです。
ホットケーキは上から、バター、シロップ、パンケーキの順番で並んでいます。
目印なしがパンケーキ、目印アリがシロップ、バターがセリフです。

ではこのホットケーキを真上から見た図をイメージしてみてください。

もしバター(セリフ)が一番下にあったら、バターは見えないですよね。
バターを見えるようにするには一番上に乗っけないといけないワケです。
Niveでは一番上に配置したアイテムが優先的に表示されますのでこの点に注意。

n55.gif
ウィンドウ素材を挿入、位置を修正したら、目印のあったフレームをクリックしてみてください。
この場合は310フレーム地点に目印がありましたので
画像の310の部分をクリックします。

n56.gif
クリックすると結果が反映されます。
ウィンドウ素材が動画の上に表示されていますね。
ですがこれでは表示位置がおかしいので修正が必要です。では修正してみましょう。

n57.gif
図のように操作して下さい。まずセリフの左側にある三角をクリック。
すると下に「エフェクト」「マテリアル」といった項目がでてきます。
次に「マテリアル」の三角をクリック。するとアンカーポイント・位置といった項目がでます。

この「位置」という項目で表示位置を設定します。
「位置」の右側に202、44という数字があります。202の上にマウスカーソルをもっていくと
カーソルが左右に伸びる矢印に変化します。そこでクリックしてみてください。

n58.gif
数字を入力できるようになったはずです。ここで「こんなもんかな?」と直感でいいので
数字を入力してみてください。入力が終わったらクリック。すると
右側に四角いマークが現れます。このマークが現れたら先ほど同様
結果を反映します。この例では310フレームの310という部分をクリックして
結果を反映します。

気に入る位置になるまでやりなおします。
※座標を把握していればピンポイントで位置の修正ができます。興味があればぜひ。

n59.gif
気に入った位置に表示できたら、次は何フレームから表示して何フレームで消すか、の設定をします。

この例では310フレームから表示させる設定を例として挙げておきます。
まず、セリフのタイムラインを見ます。青いバーが延びてますね。
画像のように、青いバーの310フレーム地点で右クリック。すると
このような表示がでますので、画像の箇所「カーソルの位置に開始点を移動」を
選んでください。
これでセリフが310フレームから表示される設定になりました。

その下にある「カーソルの位置に終了点を移動」は
セリフを消すときに使います。
さて、ここで前に目印の長さを5秒とか6秒とかキリのいい数字にしてね。と
書いたのを思い出してください。
目印の長さを5秒にしていた場合、開始点から5秒後に終了点があるということです。
フレームに直すと5×30で150フレーム後です。
これを5.28秒とかハンパな数字にすると計算がややこしくなり面倒なことになります。

自分の設定した秒数×30が終了点なので、その位置までワープして
終了点を設定してください。念のため、計算と目印がちゃんとあっているか
確認するのも忘れずに!

以下、同様の流れで作業を進めていけばOKです。

n60.gif
全ての会話ウィンドウをつけ終わり、いよいよ完成!
だけど画像のように目印が見えてしまって見栄えが悪いですよね。

そんなときは画像のように「目印あり」の動画を非表示にします。
赤い部分をクリックするとそのアイテムは表示されなくなります。


n61.gif
これでプレイ動画に会話ウィンドウが合成された白魔縛り風の動画ができました。
ではこの動画を出力しましょう。

n62.gif
画像の通りに操作して下さい。

n63.gif
何フレームから何フレームまで出力するか、ということです。
Niveは出力できる動画の容量に制限があり、その制限を超える動画は出力できません。
例えば10000フレームの動画を作って出力しようとしてもできないということです。

ではどうしたらいいか。2000フレームづつ小分けにして、5回出力すればいいわけです。
だいたい3000フレームまでなら一度に出力できますが、私は2500単位でやっています。

というわけで2500フレームづつ出力していきましょう。

注意点としては1-2500フレームまで出力したら、次は2501フレームからの出力となります。
間違って2500フレームから出力しないように気をつけましょう。

なお、自分の動画が全部で何フレームあるかは、出力する前に確認!
「目印なし」の動画の青いバーの一番右側「e」の文字があるフレームが最終地点です。


「Niveで出力した動画をクリーンアップ」

n64.gif

Niveで出力した動画は、そのままではいろいろと問題アリなので
「AviUtl」というソフトを使ってクリーンアップします。

http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/
こちらからダウンロードしてください。
一番上のものが最新のバージョンなので、それをダウンロードするといいでしょう。

n65.gif

このソフトもデフォルトではWMVを読み込むことができません。ですので
http://www.tenchi.ne.jp/~yoko/aviutl/index.php?DirectShow%20File%20Reader%20%A5%D7%A5%E9%A5%B0%A5%A4%A5%F3%20for%20AviUtl
から上のものをダウンロードしましょう。
AviUtlでWMVが読み込めるようになる拡張プラグインです。
ダウンロードした物の中に説明書が入ってますのでそれを見ながら
設定してください。これでWMVが読み込めるようになったはずです。

n66.gif
では起動してみましょう。このアイコンをダブルクリックで起動します。

n67.gif
図のように、Niveで出力した動画をドラッグ&ドロップで読み込ませて下さい。

n68.gif
まず最初にNiveで出力したAVI形式のファイルをクリーンアップします。
稀なケースですが、Niveで出力したAVIファイルにはバグなど不具合がでる場合があります。
ここでクリーンアップしておくことでその危険を回避できます。

では画像の左部分をみてください。図のように「ファイル」→「AVI出力」を
選択し、先ほどNiveで出力したAVIファイルを
もう一度AVIファイルとして再出力しなおします。

それが終わりましたら、今出力した新しいAVIファイルを読み込ませて、
今度は画像右側のように「ファイル」→「プラグイン出力」→「WMV」で。
これで映像部分はOKです。


「動画に音声をつけよう」

では、今出来上がったWMVファイルを再生してみましょう。
音が消えていますよね?これは不具合ではなく
私が意図的にそうさせたものなので安心してくださいw

NiveやAviUtlでWMV形式を扱った場合、音関係が
弱点となるので、あえて無音になるようにしたわけです。

では今度はこの動画にBGMなどの音声を戻してあげましょう。

n69.gif

使うものはAVI Operatorというソフトです。
http://novolization.hp.infoseek.co.jp/pro.html#ao
こちらからダウンロード。赤で囲った部分のヤツをダウンロードしてください。
すぐ上に似たような名前のやつがありますが、これではないので注意!

n70.gif
ダウンロードしたらこのアイコンをダブルクリック。起動します。

n71.gif
このソフトは、動画から音声だけを抜き出すことができるというソフトです。

このソフトを使って、「目印あり」または「目印なし」の動画から音楽を抜き出し
先ほど完成した「映像部分」の動画にフュージョンさせます。

図のようにまず、①をクリックします。起動時真っ赤だった画面が水色になったはずです。
次に②の部分に、「目印あり」または「目印なし」のどちらかをドラッグ&ドロップします。
最後に③の音声切り出しをクリックすると音声の抽出が始まります。

n72.gif
できあがったものがコレです。私はここからさらに音声をクリーンアップする作業をするのですが
通常、やらなくていいことなのでw ここでは割愛します。

n73.gif
では映像と音声を融合させます。ムービーメーカーを起動し、
先ほど完成させた映像・音声それぞれのファイルを読み込ませ、一つの動画として
出力してください。これで映像・音声が一緒になり、動画として完成したはずです。


「動画をニコニコ動画用に調整する」


n74.gif


ニコニコ動画に動画をアップする際には
さまざまなルールが定められており、それらのルールを満たしてある動画しか
投稿することができません。最後に、作った動画をニコニコにアップできる動画にするための
方法を書いておきます。ちなみにこの作業をエンコードといいます。

使用するソフトは「ニコエンコ」というソフトです。
通常、ルールを満たすために動画投稿者は四苦八苦しながら調整をしますが
このソフトを使えばソフトが勝手にやってくれるので非常にラクチン。

http://d.hatena.ne.jp/tokaiknight/20080809/p1
からダウンロードできます。

ダウンロードしたら、図のようなアイコンがありますので
作った動画をそのアイコンに重なるようにドラッグ&ドロップしてください。
アイコンのダブルクリックじゃないですよw 動画をアイコンにドラッグ&ドロップですw

n75.gif
すると、このような画面がでてきます。図のように「eco」と入力し、
キーボードのEnterキーを押してください。これで終わりです。

ちなみに「eco」というのは「エコノミー回避動画を作るコマンド」です。
他にもコマンドはいろいろあります。

以上で解説は終わりです。お疲れさまっした(・ω・)ノシ




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大明神・・・・・・。
こんな苦労をされていらっしゃったのですか!?

なるほど納得のクオリティです!!
ちなみにここまで見ていらっしゃる方がいるかどうかが解りませんが参考までに。

『撮った動画がカクカクする』場合、マシンスペックも然ることながら
『動画の保存形式』によるところが多いのではとも思われます。

ですので(賛否両論ですが)DivX形式で保存しますと、無圧縮に比べればカクカクしにくいかと思ったりします。
うちのPCも未圧やhuffなんかはカクカクして見れたもんじゃないですから。。

しかし、大明神のマーキングがここまで念入りなのには目玉とびでました。。。
私は電卓片手に、セリフつける動画を見ながらやっておりますが。

例えば、3分20秒の場面に6秒のセリフを入れたい場合
・3分20秒=200秒
・その200秒×30(1秒あたりのフレーム数)=6000!!

よし6000フレームから6秒分の(=180フレ)6180フレームまで
『らめぇ!いっちゃう!!』をチェル顔枠内にテキスト入力ッ!!

ってな感じでやっております。
書いてて凄く抽象的で解り難いですね。。。

私もUSBタイプのキャプチャボードについてきたモノのみシェアソフトを使用しておりますが、
それ以外はオールフリーソフトでやっております!

とある方がどなたか存じませんが、やってみれば案外難しくはないモノで
ぜひFFT問わず動画投稿チャレンジしては如何でしょうかッ!!

以上。大明神・・・便乗申し訳ないですッ!?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

とても丁寧な講座、大変参考になりました!
多分いろんな人から教えて君依頼をされていたかとは思いますが、これはフラグってやつですよね?
orz
多分自分が原因かもしれない…。
と思っているので精進したいと思います。
あぁ、でもセリフの場所決めはその方法が(めんどくさいけど)ベストなんだろうな
っておぼろげには感じてました。はい。
後はいろいろDLしてないプラグインとかあったんで
活用してみたいと思います。
ありがとうございました。

はじめまして、FFT関連の動画をあげている者です。
自分はアイドルマスターのMADをメインに作っているので、
動画編集のことも多少は詳しいので少しアドバイス?をさせて頂きますね。

aviとwavをくっつけるのにWMMをもう一度使っていますが、
「つんでれんこ」というmp4エンコードソフトを使えば、
動画と音声をくっつける作業とmp4エンコを同時にできると思います。
こちらのツールはとても性能が良いので良ければ試してみてください。
つんでれんこの部屋:http://tde.es.land.to/index.html

あと、もしかしたらやっているかも知れませんが、、
Niveを使っているのであれば、色調を少し弄ってみると良いと思います。
具体的にはコントラストをあげたり、輝度やガンマ値をあげたりです。
そうすると凄く見やすくなりますよ。
この作業はaviutlでもできると思います。
加減が難しいのですが、シャープをかけすぎたりしないように注意は必要かもです。

あと、ゲーム画面ではなく、単なる紙芝居パートを作る場合には、
『紙芝居クリエーター』というフリーソフトも便利ですよ。
作者のすいぎんPのブログ:http://suiginp.blog110.fc2.com/blog-entry-37.html

最近はFFTのプレイ動画も編集のレベルが向上してきていますが、
やはりノウハウがあまり無いと思います。
関係ないと思うかもしれませんが、アイドルマスター関係のページを見てみると、
使える技術や方法などが見つかるかも知れませんよ。

では、FFT動画作者の皆さんの発展を陰ながら祈っております。

みなさんいろんなソフトを使っているのですねぇ~。

私は作り方を動画に仕立て上げたように、編集はAdobe Premiere Element 7、flvエンコはmencorderを使っています。
素材がPSP版なので拡大させたかったというのと、好きなところに字幕を入れたかったというのがあってこの編集ソフトを買いました。(拡大するのでどうしても輪郭がぼやけるのですがw)

プレイ動画に専念しているためか、あまり凝ったことをしていないので使いこなせていないので、今度は使いこなしたいと思いますw(暗黒騎士一人旅での倍率変更時の倍率表示についてだれも気が付いていないのが残念w)

はじめまして。
私もひっそりとFFT動画を上げているものなんですが、
ちょっと気になる記事だったのでコメントさせていただきます。

私も椎名さんと同じくDVD→PCの方法をとっているのですが、
私の場合PCにいれると扱いにくいMPEG-2(VOB)ファイルになってしまいます。
椎名さんのようにWMVにはなりません。
なにか特別な録画方法をとっているのでしょうか?
(例えばファイナライズ処理をしてないとか?)

魔物縛りはいつも楽しく拝見させてもらってます。
次回も楽しみにしておりますので、編集が毎回凝ってて大変そうですが
頑張ってください。
では。
ツイッター
ツイッター始めました。
訪れた平民達
 
現在の閲覧者数:
メールフォーム
メールを出したい方はこちらを利用してください。
他スタッフへのメールもOK。
メールアドレス欄は
ご自身のアドレスを入力してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

ゲーム
全12種類の中から
ランダムで選ばれた
3つのゲームで遊べます。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。