スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩酌前にブログ更新!

こんばんは。ちょっとした質問があったので答えて行こうと思います。

「動画へのリンクを貼るにはどうしたらいいの?」
nn32.gif

まずは画像上から。動画へのリンクを貼り付けるにはこのように「mylist」「sm」から始まる
動画ナンバーを書き込むことでできるようになります。

貼り付けたい動画のナンバーを調べる方法は下の画像。動画を開くとこのように
アドレス欄にsmから始まるナンバーが表示されます。
このナンバーをメモしておいて、上の画像にように書き込めばOKです。

マイリストの動画ナンバーを知りたい場合は同様に、自分のマイリストを開き
アドレス欄のmylistから始まるナンバーを控え、書き込めばOKです。

気をつけたいことは、動画ナンバーを書き込む場合はナンバーの前後にスペースを
入れておかないと機能しないことがあります。

例:○ 第一話へのリンク→ sm6449404 です。
例:× 第一話へのリンク→sm6449404です。

初回への、また次回へのリンク、ならびに自分のマイリストへのリンクを作ることは
ひっじょーに重要で、これをやらないだけで動画の伸びが全然違います。
必ずリンクを作っておいてください(´・ω・)

「動画のタイトルを編集したい!」

nn33.gif

間違ったタイトルで動画を投稿してしまった!そんなときの修正方法。
まず画像上のように、動画を投稿の部分をクリック。
すると画像下の画面が開きますので、タイトルを編集したい動画のよこにある
えんぴつマークをクリック。これでタイトルの編集ができます。
また、同様の方法で動画説明の本文なども編集できるので
動画へのリンクを貼りたい場合はこの方法でやるのがよいかと。
--------------
さてさて、昨日念能力の記事を書いたんですが、早速何名かの方が挑戦してくれました。

ピロリさん(FFT弓娘縛り) 「具現化系」
ボンさん (FFTをあまり縛らずにプレイ) 「具現化系」
雑用ファンさん(ブログの常連) 「操作系」

そして私が「強化系」雑用が「具現化系」でした。

せっかくなのでそれぞれの念系統にカテゴライズされているキャラでも書いておきます。

「強化系」:椎名
強化系

強化系と言えばこの人。ハンターハンターの主人公ゴン。
脳みそを強化できたらもっと面白い動画が作れそうですねw

「具現化系」:雑用・ピロリさん・ボンさん
具現化系

具現化系はメインキャラの一人でもあるクラピカさん。捕縛能力のある鎖を具現化します。
動画うp主さん二人+αが具現化系という結果に。
自分のイメージを動画に具現化する能力といったところでしょうか。
えーとピロリさん、このあいだやっとスライドパネルのパズル、クリアしましたw

「操作系」:雑用ファンさん
操作系

ブログ常連の雑用ファンさんがこの操作系。本編では幻影旅団の団員シャルナークや
準レギュラーだった?ズシがこの系統です。

>新党での仕事
シャルナークは相手の体にアンテナさしてコントロールする操作の力があるので
それをマスターして雑用をコントロールしてくださいw

しかしここまでくると他のFFT動画うp主さん達が何系なのか気になってきますねw
派遣さん・白魔さん・暗黒騎士さんあたりはなんとなく「変化系」のような気がします。

コメ返し
蝉時雨さん
>動画の視聴ならびにブログへの訪問ありがとうございます!
そしてお友達にもありがとうとお伝えくださいまし。

さてさて、かぷせるさんのところの記事がいろんなブログで話題になってますね。
魔物縛りの記事も書いてもらったので感想をば。(他の人のブログにコメするのは照れくさいのでw)

※このブログのリンク「装備&アビリティ多重縛り」から記事へいけます。

FFT魔物縛り
・数あるFFT動画の中でも、異色の動画。
>この時点で吹きましたw

戦闘Partの他におまけとして、
「ザルモゥが魔物を紹介するコーナー」
「聖歌さんのボイスで構成される、魔物縛りラジオ"まもらじ"」等がある。
なかでも「まもらじ」の人気は本編の戦闘パートを超えていると推測される。

>やってみたいジョブランキングで本編とまもらじを初めて分割したんですが
当時は「まもらじ伸びなかったらどうしよう」って心配だったのに
まもらじの方が伸びましたね。嬉しいっちゃ嬉しいんですが複雑な気分でしたw

いつか私もまもらじで貴族として紹介されてみたい。(メール送るかな)
>どうぞ!

この動画のうp主である椎名さんは、現FFT動画界の軽く長のような存在。
のちに紹介するピロリさんいわく「椎名大明神」。失礼、神だったようだ。
>視聴者さんからFFT界の小沢一郎ですね、というメールをいただいたことがありますw
彼も同じ岩手出身なので。だけど長というのはどうかなあ。アミノさん、白魔クラスならまだしも。
なんだか照れくさいですw

チームで動画制作をしており、素材数とネタの多さには毎回頭が下がる。
ちなみに、ブログのプリキュアが大好きな友人の話は必見である。
>カテゴリに「プリキュア好きの友人」を追加しましたw まだ見てない人はぜひ。

…っとと、縛りについて縛りについて…
縛りの内容はタイトルの通り。魔物だけを駆使して攻略するというもの。
難易度は、終盤に行くにつれて上がっているような気がする。
魔物なだけに、戦略を立てるのが困難であるため基本はごり押しか(?)。
個人的にはもっとボム系と骸骨に活躍してほしい。

>正確には、マンダリア平原~ウィーグラフ一騎打ちまではエスカレータ式に難しくなります。
ウィーを倒してからは一気に難易度が下がりヌルゲー化。(リセット回数はそれなりだけど)
ただ、動画的にはほとんど苦戦しない戦いばかりなので
視聴者がなかだるみしないように編集重視の動画にした、という経緯があります。
今後苦戦する戦闘はバルク戦とアルテマ戦ですね。

戦闘パートの編集形式は会話+ボイス。
最近は敵味方フルボイスなので、非常に作りが丁寧に感じる。
コメント率がとても高いので、正直うらやましい。(笑)

>コメ率が高いのは単に動画時間が長いだけかとw
「長いw」ってコメだけで5コメくらいは稼げます(ナニ
-------------
CM集第2弾についてなんですが、作り手としてはかぷせるさんが適任だと思います(´ω`)
各動画の映像をバックに流して、ブログで書かれたこれらの記事を字幕として載せれば
CM動画として立派に成立すると私は思います。

私の第一弾がああいう編集なので第二弾も同じスタイルにする必要はまったくなく
むしろシリアスなCM動画というのが本来のあるべき姿だと思うので。
もし実現されるのなら私の動画はどうでもいいので、他の新しい動画さん達を
メインに紹介してあげてね(・ω・)

それでは晩酌です。今日も長くなってしまった。
スポンサーサイト

白魔・弓娘のような会話ウィンドウを使った動画の作り方

こんばんは、椎名です。
いつもメール、ブログへのコメントありがとうございます!

いただいたメール、コメントは全部楽しく見させてもらってます(・ω・)
さて、今回は久しぶりの動画関連の記事です。
あるお方から質問を受けたので書いてみた。


「白魔・弓娘のような会話ウィンドウを使った動画の作り方」

n0.gif
これの作り方についての質問をもらったので
私なりのやり方を書いてみたいと思います。

まず最初に「録画した動画がカクカクする」といった内容があったのですが
まずはこちらから改善していきたいと思います。

動画を撮影する方法は大きく分けて二つあります。

1.パソコンをテレビ代わりにしてそれを録画する。(キャプチャー方式)
2.プレイ画面をDVDなどに録画してそれをパソコンに取り込む。(椎名方式)

1のキャプチャー方式は最もメジャーな方法。現在の主流です。
ですがパソコンのスペックがそれなりに要求されるのでスペックが足りないと
カクカクになりがちです。もし1番の方法で録画しているのなら
PCのスペックが足りずにカクついているということになります。

2番の椎名方式は実際に私がやっている録画方法です。
1と比べて手間隙がかかりますが、PCのスペックに関係なくカクつかない
録画ができるのでオススメです。

椎名方式の録画方法についてはこのブログのカテゴリー「ニコニコ動画講座」の
Socusoft DVD Converter Professionalの使い方のところにやり方が書いてあるので
そちらを参考にしてください。


「まずは動画形式をWMV形式に変換しよう」


まずは動画の形式をWMV形式というものに変換しておきます。
2番の椎名方式を使う場合は最初からWMV形式になるので大丈夫。
ここでは1番のキャプチャー方式を使った場合のやり方を書いておきます。


n07.jpg

形式というのはこれです。動画ファイル名の後にWMV。
そしてファイルの種類がWMVとなっているのがWMV形式、つまりはそのファイルの形式です。
キャプチャー方式で録画した場合はこの形式が「AVI」になっていると思います。
これをWMVに変換していきます。

ファイル形式を変換するには、「super」というソフトを使用します。
http://www.erightsoft.com/SUPER.html
で、ダウンロードサイトへ行ってください。


n01.gif
サイトへ行きましたら、画像の部分を探してください。
ページの一番下のほうにあります。見つけましたら、
赤線の部分を「別窓で開くように」クリックしてください。
別窓で開くには、リンクを右クリックして新しいタブで開く、
などを選択すればOKです。

02.jpg

このソフトをダウンロードするための手順が書かれたページに飛びます。
一番最初に開いたページをA、手順が書かれたページをBとし、
AとBが別窓で開かれている状態になってればOK。
Bを見ながらAのページを操作してダウンロードを進めていきます。
Bのページの「Click here」という部分をAのページから探し出し、
その通りに進めてください

n03.jpg

起動しましたら、まずは赤い囲みのラジオボタンをクリックします。

n04.jpg

こんな画面が出ると思います。
出ましたら、先ほどクリックしたラジオボタンの少し右側に
下三角のボタンがあるのでそれをクリック。赤い囲みの部分です。

n0555.gif

どの形式に変換するか?と聞かれます。WMVに変換するのでWMVを選択します。
また、画像右側のように動画のサイズを指定する項目がありますが
かならず「no change」を選択してください。画質にかかわってきます。

n06.jpg
赤い囲みの部分に、キャプチャーで録画したファイルをドラッグ&ドロップし
その下のエンコードボタンを押します。ファイルがWMVファイルに変換されます。

n08.jpg
変換後のファイルは、図のようにマイコンピュータの
ローカルディスクCに保存されます。
ですが、人によって若干違うようで、変換元となった
ファイルが保存されている場所に出力される場合や
全然見当違いな場所に出力されることもあるようです。

n09.jpg
ローカルディスクCにも、変換元のファイルがある場所にもない場合
検索機能を使って探し出してください。もちろん次回以降の作業を
効率化するためにも出力先の場所は覚えておきましょう。

これでファイルをWMV形式に変換できたと思います。


「白魔・弓娘のような動画を作るにはNiveというソフトを使う」

実際に白魔の人も使ってる動画編集ソフト。もちろん私も使ってます。
というか、最近のFFT動画投稿者はみんなこれを使ってるっぽいです。

http://nicoae.if.land.to/index.php?NiVE%20Wiki
こちらでダウンロードできるのでどうぞ。

また、私の場合動画編集はWMV形式を扱っていきますが
NiveはWMV形式に対応していません。ですので
http://u11.getuploader.com/NiVE/download/7/DirectShow%E5%85%A5%E5%8A%9B%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3+1.3.zip

こちらのものをダウンロードしておいてください。
NiveでWMV形式の動画が扱えるようになる拡張プラグインです。
Niveへの適用の仕方ですが、この中に説明書が入ってますので
それを参考にすれば大丈夫です。


n1.gif


まずは左側の項目二番目、「Niveについて」をクリックします。

n2.gif
「ダウンロード」という項目があるのでそれをクリック。
これでNiveが使えるようになりました。


「Niveで作業しやすくするためにやっておくこと」

n3.gif

このままいきなりファイルをNiveに読み込んで編集しようとすると
なかなか厳しい戦いとなります。まずは作業しやすいように環境を整えていきます。
まず、ニコニコ動画で再生される動画のサイズは横が512、縦が384というサイズです。
そしてNiveで扱う動画のサイズもこの512:384が最も扱いやすいサイズとなっています。
ですが録画したファイルのサイズは640:480とか、320:240とか、違うサイズの場合が多い。
ですので、まずは録画したファイルのサイズを512:384に統一する作業をします。

サイズ変更にはウィンドウズに標準で
装備されている動画編集ソフト「ムービーメーカー」を使います。
ですがデフォルトの状態ではサイズを変更することができないので

http://www.mediafire.com/?zjmyocm3o00

こちらのアドレスから上の画像のページに行って、赤線で囲んだ物をダウンロードしてください。

これをダウンロードすると、録画した動画ファイルを
512:384サイズに直すことができるようになります。
また、ニコニコに動画をアップするときに通常より遥かに高画質でアップできるようにもなります。

n4.gif
ダウンロードした物の中を見ると、この二つが入っていると思います。
このファイルをムービーメーカーに適用することで
高画質な512:384サイズの動画を出力できるようになります。では実際にやってみましょう。

n5.gif
まずは「スタート」から「マイコンピュータ」を選択します。

n6.gif
続いて「ローカルディスクC」を。

n7.gif
その中に「プログラムファイル」という項目がありますので

n8.gif
その中へ。すると「ムービーメーカー」という項目があります。

n9.gif
その項目内の「Shared」というファイルを開きます。

n10.gif
すると「プロファイル」という項目があります。ここに先ほどダウンロードした物を
入れてください。プロファイルの項目がない場合は、自分でフォルダを作り、そこに入れてください。
これで動画を高画質・512:384サイズで出力できるようになりました。

n11.gif
こんな感じで、プロファイルというフォルダに
ダウンロードした物二つが入っていればOKです。

n12.gif
ちなみにこれを使って出力した動画がこれです。横512:縦384サイズですね。


「実際にサイズを変更してみよう」

n13.gif

ではムービーメーカーを起動して、
録画した動画ファイルを512:384サイズに変更していきます。
ムービーメーカーは「スタート」→「すべてのプログラム」から開くことができます。
なお、このソフトは非常にデリケートで、頻繁に動作が重くなりますが
絶対に乱暴にしないでください。閉じるをクリックしたり、いろんなところをカチカチクリックしたりすると
余計動作が重くなり最悪フリーズします。しばらく待てば動きますので
止まったときはしばらく待つようにしましょう。

n14.gif
サイズを変更したい動画を、画像のようにドラッグ&ドロップして下さい。
赤線で囲んだ部分に動画が読み込まれたと思います。

n15.gif
読み込んだ動画を今度は画像の位置にドラッグ&ドロップ。
動画の映像・音声が読み込まれたと思います。この画面がでない場合は
青線で囲んだ部分をクリックすることでこの画面が出てくると思います。

n16.gif
では動画を512:384サイズにリサイズします。
画像の赤線部分、「コンピューターに保存」をクリックしてください。

n17.gif
こんな画面が出ます。まずは「その他の設定」にチェックをいれ、
赤囲み部分をクリック。すると「ニコニコ用高画質設定」というものが出てくるので
それを選択してください。無圧縮版とそうでない版の二つがありますが
そうでない版を選んで下さい。無圧縮版だといろいろと面倒なことが起こります。

動画のリサイズが始まり、しばらくすると512:384サイズの動画ができあがります。
ではこの動画に会話などをつけていきましょう。


「Niveで作業しやすくするためにやっておくこと その2」

あとは今出力した動画をNiveに読み込んで
編集していくだけですが、ここで大きな問題が発生します。

大抵の場合、Niveに動画を読み込みそれを再生すると
非常にゆっくりなペースで再生されてしまいます。
PCのスペックにもよりますが、私の場合は実際の1/3程度の速度で再生されてしまいます。

動画に会話をつけていく場合、再生された動画を眺めながら、
「おっ、このシーンでこんな会話いれるか!」というような流れで作業していきますが
1/3のスピードでは会話を入れるタイミングが非常に分かりづらいです。

これを補うために、「どのシーンでどんな会話を入れるか」というのが
一発で分かるように目印をつけていきます。

n18.gif
では目印をつけていきましょう。引き続きムービーメーカーで作業をします。
まずは先ほど出力した512:384サイズの動画を、前と同じ手順で読み込ませて下さい。
そして画像赤丸の位置にあるボタンを押すとムービーが再生されます。

n19.gif
会話をつけたいシーンが来たら、赤部分のボタンを押して一時停止して下さい。
そして青い部分のボタンを押してみてください。

n20.gif
ムービーが二つに分割されチャプターができました。
この分割地点に目印を付けていきます。ではやってみましょう。

n21.gif
まずは分割したムービーの右側(赤い波線)部分をクリック。
すると境界線に青い縦線が入ると思います。
このクリックは「この境界線に目印をつけるよ」とムービーメーカーに
認識させるための作業です。

ムービーメーカーには、簡単な字幕をつける機能があります。
この字幕機能を使い目印を付けていきます。
具体的には会話を入れたいタイミングを先ほどの作業(再生→一時停止→分割)で設定し
その地点に実際に喋らせたいセリフを字幕として打ち込んでいきます。

このセリフ字幕がNiveで作業するうえでの目印となります。

ここまで終わったら画面左の赤線部分「タイトルまたはクレジットの作成」をクリック。

n22.gif
この画面がでます。赤部分を選択。

n23.gif
それができたら、この画像の項目を探してください。下の方にあるかと思います。
この項目がある場所は以降の説明で頻繁に出てくる部分なので
どこにあるか場所を忘れないように(・ω・)!

ではタイトルアニメーションを変更する、をクリックしてください。

n24.gif
「サブタイトル」を選択します。

n25.gif
同じ要領で今度は「フォントと色を変更する」を選択して下さい。
赤い部分のボタンをもう押せなくなるくらいまで押して下さい。

n26.gif
すると「タイトルテキストを編集する」という項目が出てきてると思います。
そこをクリックしてください。

n27.gif
ではセリフを挿入していきます。ここで入力するセリフは
実際にキャラが喋るセリフで構いません。

n28.gif
完了すると、タイムラインに字幕のアイコンが表示されます。
この要領で動画に目印を付けていってください。

n29.gif
字幕アイコンの右端をクリックしたまま、左右に動かすことで
字幕が表示される時間を調整することができます。
セリフ時間が長すぎる、短すぎるといった場合はここで調整します。

ここで調整された表示時間が動画でキャラ達が会話した時の表示時間になります。
なお、ここで表示される時間は5秒とか6秒とかキリのいい数字にしてください。
6.5秒とか7.28秒とかにすると後々編集が面倒なことになります。
字幕の表示時間を確認するには、字幕アイコンにマウスカーソルを乗っけることで確認できます。

n30.gif
すべてのセリフを入力し終えたら、白魔縛りのような会話ウィンドウを作っていきます。
画像ではか、ち、く、お、うという5つの字幕アイコンがありますね。
このアイコンをダブルクリックすることで、それぞれ入力したセリフが確認できます。
そのセリフを見ながら会話ウィンドウ素材をつくります。

n31.gif
ウィンドウ素材は「画像編集ソフト」で作ります。
残念ながら私はシェアソフトを使っているので、フリーの編集ソフトは分かりません。
検索したらたくさん見つかると思うので、自分にあった使いやすいソフトを探してみて下さい。

こんな感じでFFT風の素材にキャラの顔を合成して、目印どおりのセリフを載せていきます。

n32.gif
ここで注意して欲しいのが「ウィンドウ素材のサイズ」です。
先ほど言ったように、ニコニコ動画の画面サイズは横512:縦384なので
ウィンドウ素材のサイズもそれ以内におさめなければなりません。
この青いのが実際の512:384サイズです。

n33.gif
ウィンドウ素材はこのくらいの大きさがベストでしょう。
素材を作るときは常に512:384以内!

n34.gif
素材を全て作り終えたら、目印をつけた動画を出力します。
この動画をNiveに読み込ませ、目印を頼りに先ほどつくった会話素材を挿入していきます。

ですが、どの位置に目印をつけたのか分からなくなったのでは意味がないので
目印の位置を紙などにメモしておきます。

実際の作業では、メモをみながら、「何分何秒地点に目印アリ」と確認しながらやっていきます。
では画像にご注目。目印をつけていくと、「目印のグループ」ができていると思います。
1が目印グループ1、2が目印グループ2です。

各グループの一番最初の目印が表示される時間、をメモしてください。
この場合はグループ1・「か」の表示される時間、グループ2・「お」の時間をメモ。
例:グループ1の最初の目印は9分54秒後に表示される。 といった具合に。
また同様に、動画の長さもメモしておいてください。

そしてメモした時間を全て「秒」に直してください。

例:グループ1の最初の目印は9分54秒→594秒後に表示される。
例:この動画の長さは20分→1200秒だ。

1:512:384サイズにリサイズした動画(以降目印の無い動画と呼称)
2:1番の動画に目印を付けて出力した動画
3:会話ウィンドウ素材
4:目印の場所を記録したメモ

以上4点があればOKです。


「Niveを使おう」


n36.gif

ではいよいよNiveを使います。
画像のアイコンをクリックするとNiveが起動します。

n37.gif
まずは「ファイル」→「新規プロジェクト」を選択してください。

n38.gif
この画面がでます。ディレクトリはどこに保存するかの設定。デスクトップなど分かりやすいところで。
プロジェクト名は編集ファイルの名前をつけることができます。
分かりやすい名前をつけておけばいいでしょう。

n39.gif
次にこの画面。まずは二つの事を確認。

1:画面サイズは512×384になっているか。
2:「フレーム」にチェックがついているか。

これを確認したら「長さ」に注目。1800となっています。
この「長さ」というのは「動画の長さ」のことです。
ここに動画の時間を入力します。ですがNiveでは「フレーム」という単位を使います。
1秒=30フレームです。

メモを見ると動画の長さが秒で記録されていますね。これに30を掛け算してください。
それが「長さ」に入力する値です。
先ほど動画の長さを秒に直したのはそういうわけです。

「長さ」を入力したらOKをクリックしてください。
なお、ぴったりの長さを入力する必要はありません。
むしろ少し余裕をもって入力してみてください。
例:計算結果が1200フレームだった→1300くらいを入力

n40.gif
では、動画ファイルを読み込みましょう。
アイテム、といったウィンドウが表示されると思います。
「Folder」と書かれたところに三角があります。
これをクリックし、でてきた物の上で右クリックしてみてください。

n41.gif
新しいウィンドウが開いたと思います。
画像と同じように「読み込み」→「DS Video Input」とやってください。
ここで読み込むのは「目印をつけた動画」と「目印のない動画」です。
この二つを読み込んで下さい。

n42.gif
読み込んだ動画の名前の上で右クリックすると、ウィンドウが開きます。
画像のように「タイムラインに追加」を選択し、二つともラインに乗せてください。

n43.gif
このようになればOKです。
画像のとおりに、目印がある動画を上、ない動画を下になるようにして下さい。

n44.gif
ここで一つ注意。画像をみてください。
Niveで指定した動画の長さは1800フレームです。
ですが画像では1800フレームをこえて青いライン(動画の長さ)が伸びています。
これは動画の長さが1800フレームを突破しているという意味です。

このまま動画として作ってしまうと、1800フレームまではちゃんと見れますが
それ以降はカットされてしまうので長さを再設定してやる必要があります。

n45.gif
画像のように作業すると、「長さ」を設定した先ほどの画面がでてきますので
動画の長さがオーバーしていた場合はこの方法で調整してください。

n46.gif
このように動画の青いラインの最後に「e」と表示されていればOKです。

n47.gif
では先ほど作成した会話ウィンドウを、目印とメモを頼りに挿入していきましょう。
ここでは300フレーム目あたりに目印があると想定して話を進めていきます。

まずメモを見ましょう。何秒後に目印があるか書いてあると思います。
その「秒」の単位を「フレーム」に変換します。メモの数字に30を掛け算してください。

例:メモの数字が「目印が10秒後にある」10×30=300→300フレーム目に目印がある。

目印が何フレームにあるか分かったら、そのフレームをクリックしてください。
青いラインの上に書かれている数字がフレームです。
左右に伸びた赤い矢印のバーをスライドさせることでフレームを移動することができます。

この場合は300フレームに目印があるので、バーをスライドさせ、300という数字を見つけます。
見つけたら300の数字部分をクリックします。するとプレビューに
300フレーム地点の映像が表示されます。

n48.gif
赤い囲みについて。真ん中が再生ボタン。右が1フレームごとにコマ送りができます。
左は1コマごとに逆再生。1コマ単位で目印を見つけたいときなどに重宝します。

これら三つのボタンを使って目印を探してください。
計算では300フレームですが、見つからない場合はすこし先にありますので
再生ボタンを押してみましょう。画像では310フレーム地点で目印を発見。

では目印に対応したウィンドウ素材を挿入します。

n49.gif
n50.gif
先ほどと同じ要領でファイルを読み込みます。
「画像」を読み込む場合は「DS Video Input」ではなく「Image Input」を選択する点に注意。

n51.gif
こんな感じになるはず。セリフが一番下にきていますね。このままではまずいので
セリフを一番上になるようにします。
やり方としては、まず「せりふ1」をクリック。すると画像のようにグレーで反転表示になる。
グレーの部分をクリックしたまま、上にスライド。「ミュロンド戦文字あり」の部分で離す。
すると並びが変わります。

n52.gif
こうなってればOK!

n53.gif
なぜこの順番でなければいけないかというと、ホットケーキみたいなモンです。
ホットケーキは上から、バター、シロップ、パンケーキの順番で並んでいます。
目印なしがパンケーキ、目印アリがシロップ、バターがセリフです。

ではこのホットケーキを真上から見た図をイメージしてみてください。

もしバター(セリフ)が一番下にあったら、バターは見えないですよね。
バターを見えるようにするには一番上に乗っけないといけないワケです。
Niveでは一番上に配置したアイテムが優先的に表示されますのでこの点に注意。

n55.gif
ウィンドウ素材を挿入、位置を修正したら、目印のあったフレームをクリックしてみてください。
この場合は310フレーム地点に目印がありましたので
画像の310の部分をクリックします。

n56.gif
クリックすると結果が反映されます。
ウィンドウ素材が動画の上に表示されていますね。
ですがこれでは表示位置がおかしいので修正が必要です。では修正してみましょう。

n57.gif
図のように操作して下さい。まずセリフの左側にある三角をクリック。
すると下に「エフェクト」「マテリアル」といった項目がでてきます。
次に「マテリアル」の三角をクリック。するとアンカーポイント・位置といった項目がでます。

この「位置」という項目で表示位置を設定します。
「位置」の右側に202、44という数字があります。202の上にマウスカーソルをもっていくと
カーソルが左右に伸びる矢印に変化します。そこでクリックしてみてください。

n58.gif
数字を入力できるようになったはずです。ここで「こんなもんかな?」と直感でいいので
数字を入力してみてください。入力が終わったらクリック。すると
右側に四角いマークが現れます。このマークが現れたら先ほど同様
結果を反映します。この例では310フレームの310という部分をクリックして
結果を反映します。

気に入る位置になるまでやりなおします。
※座標を把握していればピンポイントで位置の修正ができます。興味があればぜひ。

n59.gif
気に入った位置に表示できたら、次は何フレームから表示して何フレームで消すか、の設定をします。

この例では310フレームから表示させる設定を例として挙げておきます。
まず、セリフのタイムラインを見ます。青いバーが延びてますね。
画像のように、青いバーの310フレーム地点で右クリック。すると
このような表示がでますので、画像の箇所「カーソルの位置に開始点を移動」を
選んでください。
これでセリフが310フレームから表示される設定になりました。

その下にある「カーソルの位置に終了点を移動」は
セリフを消すときに使います。
さて、ここで前に目印の長さを5秒とか6秒とかキリのいい数字にしてね。と
書いたのを思い出してください。
目印の長さを5秒にしていた場合、開始点から5秒後に終了点があるということです。
フレームに直すと5×30で150フレーム後です。
これを5.28秒とかハンパな数字にすると計算がややこしくなり面倒なことになります。

自分の設定した秒数×30が終了点なので、その位置までワープして
終了点を設定してください。念のため、計算と目印がちゃんとあっているか
確認するのも忘れずに!

以下、同様の流れで作業を進めていけばOKです。

n60.gif
全ての会話ウィンドウをつけ終わり、いよいよ完成!
だけど画像のように目印が見えてしまって見栄えが悪いですよね。

そんなときは画像のように「目印あり」の動画を非表示にします。
赤い部分をクリックするとそのアイテムは表示されなくなります。


n61.gif
これでプレイ動画に会話ウィンドウが合成された白魔縛り風の動画ができました。
ではこの動画を出力しましょう。

n62.gif
画像の通りに操作して下さい。

n63.gif
何フレームから何フレームまで出力するか、ということです。
Niveは出力できる動画の容量に制限があり、その制限を超える動画は出力できません。
例えば10000フレームの動画を作って出力しようとしてもできないということです。

ではどうしたらいいか。2000フレームづつ小分けにして、5回出力すればいいわけです。
だいたい3000フレームまでなら一度に出力できますが、私は2500単位でやっています。

というわけで2500フレームづつ出力していきましょう。

注意点としては1-2500フレームまで出力したら、次は2501フレームからの出力となります。
間違って2500フレームから出力しないように気をつけましょう。

なお、自分の動画が全部で何フレームあるかは、出力する前に確認!
「目印なし」の動画の青いバーの一番右側「e」の文字があるフレームが最終地点です。


「Niveで出力した動画をクリーンアップ」

n64.gif

Niveで出力した動画は、そのままではいろいろと問題アリなので
「AviUtl」というソフトを使ってクリーンアップします。

http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/
こちらからダウンロードしてください。
一番上のものが最新のバージョンなので、それをダウンロードするといいでしょう。

n65.gif

このソフトもデフォルトではWMVを読み込むことができません。ですので
http://www.tenchi.ne.jp/~yoko/aviutl/index.php?DirectShow%20File%20Reader%20%A5%D7%A5%E9%A5%B0%A5%A4%A5%F3%20for%20AviUtl
から上のものをダウンロードしましょう。
AviUtlでWMVが読み込めるようになる拡張プラグインです。
ダウンロードした物の中に説明書が入ってますのでそれを見ながら
設定してください。これでWMVが読み込めるようになったはずです。

n66.gif
では起動してみましょう。このアイコンをダブルクリックで起動します。

n67.gif
図のように、Niveで出力した動画をドラッグ&ドロップで読み込ませて下さい。

n68.gif
まず最初にNiveで出力したAVI形式のファイルをクリーンアップします。
稀なケースですが、Niveで出力したAVIファイルにはバグなど不具合がでる場合があります。
ここでクリーンアップしておくことでその危険を回避できます。

では画像の左部分をみてください。図のように「ファイル」→「AVI出力」を
選択し、先ほどNiveで出力したAVIファイルを
もう一度AVIファイルとして再出力しなおします。

それが終わりましたら、今出力した新しいAVIファイルを読み込ませて、
今度は画像右側のように「ファイル」→「プラグイン出力」→「WMV」で。
これで映像部分はOKです。


「動画に音声をつけよう」

では、今出来上がったWMVファイルを再生してみましょう。
音が消えていますよね?これは不具合ではなく
私が意図的にそうさせたものなので安心してくださいw

NiveやAviUtlでWMV形式を扱った場合、音関係が
弱点となるので、あえて無音になるようにしたわけです。

では今度はこの動画にBGMなどの音声を戻してあげましょう。

n69.gif

使うものはAVI Operatorというソフトです。
http://novolization.hp.infoseek.co.jp/pro.html#ao
こちらからダウンロード。赤で囲った部分のヤツをダウンロードしてください。
すぐ上に似たような名前のやつがありますが、これではないので注意!

n70.gif
ダウンロードしたらこのアイコンをダブルクリック。起動します。

n71.gif
このソフトは、動画から音声だけを抜き出すことができるというソフトです。

このソフトを使って、「目印あり」または「目印なし」の動画から音楽を抜き出し
先ほど完成した「映像部分」の動画にフュージョンさせます。

図のようにまず、①をクリックします。起動時真っ赤だった画面が水色になったはずです。
次に②の部分に、「目印あり」または「目印なし」のどちらかをドラッグ&ドロップします。
最後に③の音声切り出しをクリックすると音声の抽出が始まります。

n72.gif
できあがったものがコレです。私はここからさらに音声をクリーンアップする作業をするのですが
通常、やらなくていいことなのでw ここでは割愛します。

n73.gif
では映像と音声を融合させます。ムービーメーカーを起動し、
先ほど完成させた映像・音声それぞれのファイルを読み込ませ、一つの動画として
出力してください。これで映像・音声が一緒になり、動画として完成したはずです。


「動画をニコニコ動画用に調整する」


n74.gif


ニコニコ動画に動画をアップする際には
さまざまなルールが定められており、それらのルールを満たしてある動画しか
投稿することができません。最後に、作った動画をニコニコにアップできる動画にするための
方法を書いておきます。ちなみにこの作業をエンコードといいます。

使用するソフトは「ニコエンコ」というソフトです。
通常、ルールを満たすために動画投稿者は四苦八苦しながら調整をしますが
このソフトを使えばソフトが勝手にやってくれるので非常にラクチン。

http://d.hatena.ne.jp/tokaiknight/20080809/p1
からダウンロードできます。

ダウンロードしたら、図のようなアイコンがありますので
作った動画をそのアイコンに重なるようにドラッグ&ドロップしてください。
アイコンのダブルクリックじゃないですよw 動画をアイコンにドラッグ&ドロップですw

n75.gif
すると、このような画面がでてきます。図のように「eco」と入力し、
キーボードのEnterキーを押してください。これで終わりです。

ちなみに「eco」というのは「エコノミー回避動画を作るコマンド」です。
他にもコマンドはいろいろあります。

以上で解説は終わりです。お疲れさまっした(・ω・)ノシ




モノラル音声をステレオにする方法

モノラル音声をステレオにする方法について要望があったので、やり方を書いておきます。
まずは「AVI Operator」というソフトが必要になりますので、これをダウンロードします。
ダウンロードはこちらでどうぞ。

http://novolization.hp.infoseek.co.jp/pro.html#ao

1.jpg


図の赤線のバージョンをダウンロード、インストールしてください。
2.jpg

ファイルを展開すると、図のような画面が出てきます。
赤い囲みのやつをダブルクリックで起動してください。


3.jpg
起動時の画面です。このソフトは、AVI・WMV形式の動画ファイルから「映像のみ」「音声のみ」を抜き出すソフトです。
音声をステレオにするには、まずモノラルの音声を抜き出してやる必要があります。
前回の講座では、ゲームプレイを録画したDVDをWMV形式に変換する方法を説明したので
モノラル音声の動画ファイルはWMV形式であるとして話を進めて行きます。
青い矢印の項目をクリック。

4.jpg
こんな画面になります。青い矢印、下線の部分に
音声がモノラルな動画ファイルをドラッグ&ドロップします。

5.jpg
この画面になってればOK。青い囲みの「音声切り出し」をクリックします。
6.jpg
切り出しが終わった画面です。出力された音声ファイルは元となる動画があった場所に出力されます。
出力された音声ファイルをよく見てみると、拡張子が「wma」となっています。
これから先の作業は拡張子が「mp3」である必要があるため、今度はwmaをmp3に変換する作業をします。

ファイル形式を変換するには、「super」というソフトを使用します。
http://www.erightsoft.com/SUPER.html
で、ダウンロードサイトへ行ってください。

8.jpg
サイトへ行きましたら、画像の部分を探してください。
ページの一番下のほうにあります。見つけましたら、赤線の部分を「別窓で開くように」クリックしてください。
別窓で開くには、リンクを右クリックして新しいタブで開く、などを選択すればOKです。

9.jpg

このソフトをダウンロードするための手順が書かれたページに飛びます。
一番最初に開いたページをA、手順が書かれたページをBとし、AとBが別窓で開かれている状態になってればOK。
Bを見ながらAのページを操作してダウンロードを進めていきます。
Bのページの「Click here」という部分をAのページから探し出し、その通りに進めてください。


10.jpg
起動しましたら、まずは赤い囲みのラジオボタンをクリックします。

11.jpg

こんな画面が出ると思います。
出ましたら、先ほどクリックしたラジオボタンの少し右側に下三角のボタンがあるのでそれをクリック。赤い囲みの部分です。


12.jpg
どの形式に変換するか?と聞かれます。wmaをmp3に変換するのでmp3を選択します。

13.jpg

赤い囲みの部分に、先ほど抽出したwma音声ファイルをドラッグ&ドロップし
その下のエンコードボタンを押します。wmaファイルがmp3ファイルに変換されます。


14.jpg

変換後の画像です。拡張子がmp3になっていますね。これで変換は終了です。

15.jpg

変換後のファイルは、図のようにマイコンピュータのローカルディスクCに保存されます。
ですが、人によって若干違うようで、変換元となったwmaファイルが保存されている場所に出力される場合や
全然見当違いな場所に出力されることもあるようです。


16.jpg

ローカルディスクCにも、変換元のファイルがある場所にもない場合
検索機能を使って探し出してください。もちろん次回以降の作業を効率化するためにも出力先の場所は覚えておきましょう。
なお、音声がモノラルのWMVファイルを直接このソフトでmp3に変換することもできますが
時間が非常にかかりますので、こちらの方法をオススメします。

これで準備は整いました。いよいよ音声をステレオにするのですが
またまた必要なソフトがありますので、ダウンロードしにいきます。
「audacity」というソフトなのですが、こちらでダウンロードできます。

http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/music/soundedit/audacity.html

7.jpg


サイトへ行きましたら青い囲みの部分をクリックしてダウンロードしてください。
なお、初期状態のaudacityはMP3ファイルを扱うことができませんので
lame_enc.dllというものをこのソフトにつけてやる必要があります。
やり方はこちらのサイトで解説してますので、音声を編集する前にMP3ファイルを
扱えるように機能を拡張しておいてください。

http://www.xucker.jpn.org/pc/audacity_mp3.html
(いろんな事が書いてありますがlame_enc.dlのダウンロード方法と
導入方法の項目だけ見ればOKです。)
一応、wma、wave形式など、他の音声ファイルを扱うこともできますが、mp3以外だと
たまーに、音声がバグるときがあるので、この方法でmp3を扱えるようにしておくのがオススメです。


17.jpg

では起動してみます。図の通りにプロジェクトファイル→オーディオの取り込みを選択してください。

18.jpg

先ほど変換したmp3ファイルを選択します。

19.jpg

こんな波形が表示されると思います。
青いギザギザの部分が音が鳴っている部分で、細い青の部分が無音の部分です。
ギザギザの部分が右耳から聞こえる部分、細い青の無音の部分が左耳から聞こえる部分と思って下さい。
これをヘッドフォンなどで聞いてみると、右耳の部分からしか音がでません。つまりはモノラルです。
こいつをこれからステレオに編集していきます。


21.jpg


まずはもう一度プロジェクトファイル→オーディオの取り込みで
先ほど取り込んだmp3ファイルをもう一度読み込んでください。図のようになると思います。
最初に取り込んだ音声部分をA、無音部分をB、二度目に取り込んだ音声部分をC、無音部分をDとします。

ようは、Bの部分にCを持ってきて、AとCを結合させればステレオの完成です。
その手順を説明します。


20.jpg

まずは、最初に取り込んだ音声ファイル、
青いギザギザのある部分の赤い囲みの三角をクリックし、ステレオトラックの分離を選択します。
同じ容量で、今度は二回目に取り込んだ音声ファイルの青いギザギザのある部分の
三角をクリックし、同様にステレオトラックの分離を選択してください。


22.jpg

図のように、4段に分割されていればOKです。
あとは2と4を削除し、1と3を結合してやればステレオ音声の完成です。


23.jpg

では2と4の段の赤い囲みの×を押します。
これで2と4の段は消えてなくなります。
画像右側のようになっていればOKです。今度はこの二つを結合してステレオにします。


24.jpg

1の段の赤い囲み内の三角をクリックし、ステレオトラックの作成を選択します。

25.jpg

1と3の段が結合され、一つの音声ファイルになりました。
あとはこれを出力してやればOKです。


26.jpg

図のように、ファイル→MP3で書き出しを選択します。

27.jpg

なんか変な画面が出てきますが、気にせずOKを押します。
MP3ファイルの書き出しが始まります。これで音声がステレオになりました(・ω・)b


28.jpg

で、実際の使用方法ですが
まずムービーメーカーで、映像ファイル(音声はモノラル)と、MP3ファイル(音声はステレオ)の
両方を図のように読み込ませます。
このままだと、ステレオ音声とモノラル音声が同時に鳴ってしまうので
モノラルの部分(映像ファイル)を図のようにミュート(無音)にしてやればOK。
あとはこれを出力してやれば見事ステレオ音声になった動画を見ることができます。
以上説明終わり(・ω・)ノシ

Socusoft DVD Converter Professional

椎名です。新作アップは7月末を予定しています。

動画作成に使用するソフト、Socusoft DVD Converter Professionalの
解説を希望する声があったので簡単に書いときます。
このソフトはゲームプレイを録画したDVDを動画編集ソフト「ムービーメーカー」などで
読み込める形式に変換するソフトです。

まず使用する前に以下の3点を下準備としてやっておいて下さい。

1.DVDは「ビデオモード」で初期化し、録画も「ビデオモード」で行うこと。

「RWモード」で録画したDVDをパソコンに取り込むにはそれ相応の知識が必要になるようです。
無難に「ビデオモード」で録画しておきましょう。また私はDVD-RWしか使ったことがありません。
DVD-Rでこのソフトが使えるかどうかは分かりかねるので不安ならRWを使うといいでしょう。

2.録画モードは「一時間」または「二時間」で行うこと。

DVDは録画時間を半分まで減らして高画質で録画したり、逆に
画質を犠牲にして録画時間を六時間まで増やしたり、といったことができます。
ニコニコ動画にアップするので、高画質モードである「一時間」「二時間」モードで録画しておきましょう。

3.録画はシーンごとに細かく分ける。

Socusoft DVD Converter Professionalを使う上で一番重要な項目です。
例えば「オープニング」→「戦闘」→「戦闘終了後の会話イベント」という流れでゲームが進行するとします。
オープニングを録画したら、いったん録画を停止してタイトルを分けておいてください。
流れとしては「OP録画」→「停止」→「戦闘録画」→「停止」→「会話録画」→「停止」ですね。
ようはこのDVDを再生したときに「OP」「戦闘」「会話」の三つのタイトルができているように
録画しておくということです。これをやっておかないと地獄を見ることになります。

これらをやっておいた上でSocusoft DVD Converter Professionalを使います。

s1

まずはSocusoft DVD Converter Professionalを起動します。このような画面が出るかと思います。
では早速ゲームを録画したDVDを読み込んでみましょう。画像赤丸の部分をクリックします。

s2

こんな画面がでます。録画したDVDを選択してください。

s3

DVDの読み込みが始まります。少し時間がかかりますのでおとなしく待ちます。

s4


読み込みが終了しました。DVDの映像を動画で扱える形式に変換する場合、
だいたい録画時間×10分の時間がかかります。画像の場合ですと3:30なので大体30分です。
もしここでタイトルごとに細かく分けていなかったらどうなっていたでしょうか。
丸々二時間、普通に録画していたとすると、120分×10で20時間もかかります。
しかもその中には動画で使用しない「全滅シーン」なども含まれています。これでは効率が悪いですよね。
このように必要なシーンだけを変換できるように、シーンを細かく分割しておくというわけです。
その際、どのシーンが必要かすぐわかるようにメモを作っておくといいでしょう。

次にビデオサイズに注目してください。720×480となっていますね。
これは録画した映像が横720、縦480で録画されている、ということです。
ニコニコ動画は横512、縦384のサイズで再生されます。
なんのこっちゃ分からないと思いますが、ようはこのビデオサイズがニコニコのサイズより
大きければ画質がキレイになる、とだけ覚えておいて下さい。
もしビデオサイズがニコニコサイズより小さい数字になっている場合は
「くそ画質w」とコメントされるので取り直しを推奨します。くどいようですが必ず一時間または二時間モードで録画を。
そうすれば大きい数字になるはずです。


s5

さて、動画にはさまざまな形式があります。
avi,flv,wmv.mpegなどなど。どの形式に変換するかですが、ここでは「wmv」を選択します。
実際に動画を作る場合、ウィンドウズに標準の動画作成ソフト「ムービーメーカー」を使用しますが
このソフトで読み込める形式が「wmv」だからです。一応「avi」でも読めますが私の場合バグがでますので
「wmv」で変換しましょう。まず操作画面の右下になる「Profile」の右側にあるプルダウンをクリックします。


s6

このような画面がでてくると思います。
画像のとおりに変換モードを選択してください。


s7

選択できたら赤線の「ビデオオプション」を探してください。
その二つ下にビデオサイズという項目があり、それの隣りに320×240という項目がありますね。
この320×240という数字をクリックしてください。すると数字の右側に下三角のプルダウンが出ます。ここで一番下の640×480を選択してください。ここでもう一度おさらい。
ニコニコのビデオサイズは512×384ですね。ここで選択したサイズは640×480です。
つまりニコニコサイズより大きいのでこの数字を選ぶと高画質になるということですね。
必ずこのサイズを選択しましょう。
ちなみに私は今まで間違えてずっと320×240で動画を作っていました;
ニコニコサイズより小さいのでクソ画質というわけですねwこんな間違いは絶対にしないように…!


s8

このような画面になっていればOkです。
ビデオコーデックが「WMV」、ビデオサイズが「640:480」。


s9

あとは変換したいタイトルにチェックをいれて右下の「スタートコンバート」を押します。
変換作業が始まります。とにかく時間がかかるので、食事をしている間、入浴している間など
暇な時間にこの作業をやっておくといいでしょう。
また、仕事にいく前にこの作業をやっておくと、帰ってくる頃には作業が終わってたりするのでこれもオススメ。
※チェックを外せばそれ以降の変換をキャンセルできます。
現在変換中のタイトルもキャンセルできますが、一度キャンセルすると最初からやり直しになるので注意。


s10

変換したファイルの保存先です。
デフォルトでは「マイドキュメント」→「Socusoft DVD Converter Professional」→「ZUNE_WMV」にあります。
ちなみに私のIEとメーラーが変な名前になっているのは一発ギャクですwww
日野が本気にして焦っていたのはいい思い出(´ω`)ヘヘヘ


s11

変換が終わったら、必ず画像のように録画時間を確認してください。
DVDの録画時間が3:30で、変換したファイルの再生時間も3:30。このように同じ時間ならOK。
変換したファイルの再生時間が極端に短い場合などはエラーです。
その場合は動画として使えないので、以下にエラー回避の方法を書いておきます。

1.変換作業中は他のことをしない。

変換作業中にニコ動を見る、ネットをする、など他のことをしてしまうと
このエラーがでる場合があります。変換作業中は他のことをせずに
飯を食うなり出勤するなりして、PCには変換作業に専念させてやりましょう。

2.キズのついたDVDを使う。

これをやってしまうともうお手上げです。どうやっても変換できません。
新品のディスクもしくはキズがついていないと自信のある物だけを使用しましょう。
過去にキズディスクを使ったせいで魔物の勧誘シーンが変換できずに泣く泣くカットした思い出があります。
勧誘シーンならまだいいですが、これがウィーグラフ戦だったらと思うと冷や汗ものです。
かならずきれいなディスクを使ってね…!

他にも要望があればいろいろやっていこうかな?ではこれにておしまい。
ツイッター
ツイッター始めました。
訪れた平民達
 
現在の閲覧者数:
メールフォーム
メールを出したい方はこちらを利用してください。
他スタッフへのメールもOK。
メールアドレス欄は
ご自身のアドレスを入力してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

ゲーム
全12種類の中から
ランダムで選ばれた
3つのゲームで遊べます。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。